肥料用ペレット製造
肥料用ペレット製造 肥料ペレットとは、肥料造粒設備で、製造された直径2〜5mm程度のペレットです。
肥料ペレットは粉状の肥料と異なり品質を保持でき、撒きやすいことから多くの事業者から採用されています。
現在では環境面が考慮され、廃棄木材、下水汚泥、食品残渣、家畜排せつ物等の自然由来の有機原料を
有効的に混合、発酵のプロセスを経て肥料へ転換しペレット化する事業者が増えてきています。
肥料ペレットの製造には一般的に以下の手順が踏まれます。
乾燥設備(水分調整) → 原料精選(異物除去) → 粉砕 →造 粒(成形)→ 冷却 → 乾燥 → 製品精選 → 計 量/ 袋 詰

造粒設備フロー(参考例)

造粒設備フロー(参考例)の図


CPMペレットミルでペレットを製造するメリット
肥料用のペレットを成形(造粒)するには成形機(造粒機)の選定が非常に重要です。
CPMペレットミルは造粒機として圧縮効率が良く、許容水分値の幅も広いのが特徴です。
また、表面にざらつきがでにくく、粉化しにくい上質なペレットの製造が可能です。

肥料をペレット化するメリット
・ペレット化により安定貯蔵(品質保持)することができます。
・ペレット化によりハンドリングが容易になります。広範囲のエリアに肥料を撒く場合、機械での散布を可能にします。
 例:ゴルフ場や大農場などまた、撒いた後にペレットは粉状の肥料と違い、風で飛ばされてしまうことがありません。
・ペレットにすることでより販売価格を高く設定できます。
商品のお問合せはこちら